海風を感じる旅 オーシャンエクスプレス BLOG https://www.ocean-ex.com ja Travel Blog 今までにない最高のバカンスを http:///blog/item/10266.html http:///blog/item/10266.html 憧れのアイランドホッピングを体験! 人気上昇中のクロアチア旅行をもっと楽しんでいただくためのスタッフによる視察も含めたモニター旅行記です。 クロアチアには数回いったことがありますが、今年の夏は憧れのクルーザーヨットでアイランドホッピングを体験してきました!! 沿岸沿いに小さな島が点在しているアドリア海沖は、ヨットで1-2時間ほどで島から島へわたることができる、エーゲ海と並んで海外の旅行者に大人気のリゾートスポットです。 大きな島をつなぐ定期船や水上タクシーもありますが、ヨットなら人の集まりにくい小さな湾に停泊し、贅沢に自分だけのバケーションを楽しむことができるのです! ≪スケジュール≫ 1日目 スプリト → パルミジアナ(停泊) - フバル 2日目 パルミジアナ → コミージャ(停泊) 3日目 コミージャ(停泊) - ヴィセボ★青の洞窟★ 4日目 コミージャ → スプリト ヨットに乗るハーバーは旅程によって合わせることができるようなのですが、今回はスプリトからの乗船。 空港に着くと現地のドライバーが待っていてくれて、そのままヨットハーバーへ。スプリトの空港からスプリトヨットハーバーへは30分ほどで到着します。 ハーバーの横に並んでいるヨット会社のオフィスのうち、手配確認書をを見ながら予約したヨット会社により、手続きを済ませます。 そのうちにヨットの操縦をしてくれるスキッパーが迎えに来てくれ、いよいよヨットに乗り込みます! 船内の簡単な説明をしてもらってから、旅程の確認。天候によってスケジュール通りにいかなかったり、込み具合によって入りやすい別のポートをスキッパーがおすすめしてくれたりして、スケジュールの微調整をします。今回もフバル島停泊を予定していましたが、フバルは観光都市としても盛んであり、シーズン中は大変混み合うので、当日に停泊の予約をするのはかなり難しいのだとか。スキッパーのおすすめで対岸の島のパルミジアナへ停泊することになりました。 翌日にはコミージャで停泊し、水上タクシーで青の洞窟を見に行く予定でしたが、天候により波が高すぎて見学できないため、翌日チャレンジすることに。。。など、当日の海の状況によってもスケジュールは変わってきますが、スキッパーの慣れた対応のおかげで 安心してクルーズを楽しむことができます。 【ヨットだから楽しめる!ヨットクルーズが楽しい理由】 絵にかいたような美しい青い海を眺めながら島から島へと移動していくと、日ごろの喧騒を忘れることができます。 移動中は海の風邪を浴びながら日光浴や、スキッパーにヨットの操縦について簡単にレクチャーしてもらったり。 ポートに停泊すると、周りの船上もバケーションを楽しんでいる様子がうかがえます。 日焼けを楽しむ若者たち、先頭から海に飛び込む子供たちの笑顔の眩しいこと。 それを見ながら夕焼けに乾杯するカップルなど。 車などの機械音のしない世界で、波の音を聞きながら星空を見上げるの事がなんとも贅沢に感じられました。 フバル島やコミージャなどから出ている水上タクシーで、ヴィセボ島に行けば青く光る海の洞窟への小舟が出ています。 入場は年々人が増しており、島に到着してから入場料を別途払う必要があります。 入場料70クーナ=約1,050円(*2016年時点) そして港に面したレストランで食べられる新鮮な魚介料理のおいしさは忘れられません。 イカスミのリゾット、手長エビのグリル、とれたての魚の炭焼きなど、大抵のレストランでは店内の生け簀かディスプレイされている冷蔵庫から、自分の食べたいものを選び、そのまま調理してくれます。シンプルにオリーブオイルと塩で焼かれた鱸や鬼カサゴは絶品です。 工程4日間という事で、短いような気がしていましたが、行ってみるとのんびりした上に充実度が高く、なによりも日ごろ感じることのできない空気や体験できない海での過ごし方を満喫できるものでした。 Wed, 16 Nov 2016 19:27:42 +0900 円高の今!お得にヨットチャーター旅行 http:///blog/item/9540.html http:///blog/item/9540.html 夏のご旅行の計画はお済みですか? ここ最近の円高を受けて、出発日限定のお得なヨットチャーターツアーがさらにお安くなりました! ★ヨットチャーターつきクロアチア周遊旅行★ツアー一覧 金曜発(現地6日間)のツアーに2名でご参加の場合、 お一人様当たり179,000円(航空券別)です。 月曜発(現地7日間)のツアーに2名でご参加の場合は、 お一人様当たり184,000円(航空券別)でお申込みいただけます。 ちなみに指定日以外でも、ご希望の出発日で同じような内容のオーダーメイドツアーをお作りすることは可能ですが、料金は2倍以上になります(人数によって変動します)。 出発日限定の大変お得なツアー♪ ぜひこの機会にヨット旅行をお楽しみください。 Wed, 18 May 2016 00:00:00 +0900 ヨットチャーターでクロアチア旅行!旅行記その5 http:///blog/item/9211.html http:///blog/item/9211.html 【2日目: フヴァル島→ブラチ島 ミルナ観光 <ミルナにてヨット泊>】 出発前に、フヴァルの市場に立ち寄りました。 魚(早朝のみ)や野菜、果物などが売られており、近くにはパン屋もあるので、ここで食材を調達するのもお勧めです。 クロアチアでよく食べられるイチジクもありました。 イチジクのジャムはお土産にぴったり♪スーパーなどで手に入れることができます。 太陽の島フヴァル島に別れを告げ、次の目的地ブラチ島へ。 途中、ワカメのような形をした島の、美しいビーチを通過。 冬でも変わらずこの色と透明度。10m下まで見えます。 隣りの島に上陸し、島内を散策していると・・・ 奥まったビーチで泳いでいる家族を見かけました! このご家族もヨットをチャーターしてやってきたようです。 この時期なので、ビーチを独占!素晴らしい開放感でしょうね。 さて、寄り道はこれくらいにして、ブラチ島へ向かうとしましょう。 いい風が出てきました。 エンジンを切って、風の力だけで進みます。 気分爽快! 心地よい風に吹かれ、セーリングを楽しんでいると、あっという間にブラチ島に到着です。 こじんまりとした可愛らしい町です。 ブラチやフヴァルはスプリットから近いので、週末にヨットで訪れる人も多いようです。 実はこのブラチ島、日本と深い関係があるのですが、何だと思いますか? 日本で人気が高いマグロですが、実はクロアチアからも大量のマグロが輸入されています。 そして、そのマグロの多くはここブラチ島から輸出されているのだとか。 クロアチアにいらしたら、ぜひ一度新鮮なマグロを使った料理を味わってみてくださいね。 マグロではありませんが(笑)、ヨットのホステスさんが新鮮な魚を使った食事を用意してくださいました。 船内のキッチンで、魚をさばいていました。限られたスペースですが、料理だって問題なくできます♪ クルーのお二人と一緒に食卓を囲み、話に花を咲かせているうちに、夜は更けていったのでした・・・。 Wed, 13 Jan 2016 00:00:00 +0900 ヨットチャーターでクロアチア旅行!旅行記その4 http:///blog/item/9136.html http:///blog/item/9136.html 【1日目: スプリット→フヴァル島 フヴァル観光 <フヴァルにてヨット泊>】 フヴァル島に到着! 時期が時期なので、港に停泊しているヨットは少ないですね。 (おかげで、いい場所に停められました♪) ヨットの後方についているテンダーボートで陸へ移動します。 可愛らしい石造りの街並み。 カラフルな扉や窓枠にワクワクするのは、男女関係ありませんよね。 「太陽の島」と言われるだけあって、街全体が明るい雰囲気に包まれています。 海上は風が冷たく、やはりもう秋だなぁ・・・と思ったものですが、ここは別世界かのように暑い・・・! 10月末でもこの日差しだなんて、恐るべし、フヴァル。 カフェテラスには夏のような服装の人がたくさんいました。 (上の写真は翌朝撮影) さて、フヴァルに来たからには、城塞に登らなければ! 城塞への道には所々にベンチが置かれているので、休み休み登るのも良いでしょう。水分補給もお忘れなく。 長い坂を上り、山の頂上にたどり着くと、そこでは歴史を感じる砦と、フヴァルの町を見下ろす最高の景色が待っています。 私たちのヨットも見えました! さて、一旦ヨットに戻り、一休みするとしましょう。 波による心地よい揺れが眠りの世界へと誘います。 夕食は街のレストランで取りました。 クロアチア料理レストランでは、タコサラダやリゾットは定番。 同じ料理名でもお店によって全然違うものが出てくるので、各地で食べ比べてみると面白いですよ。 フレンドリーな店員さんと温かな雰囲気、美味しい料理に囲まれて、素敵なディナーの時間をお過ごしいただけます♪ さて、ヨットに戻りましょう。この時にはもうすっかり自分の家のように感じていました(笑) 夜風に当たりながら、ワインなどを召し上がるのも良いですね。 フヴァルの夜景が一面に広がる静かな夜。とても贅沢な時間だと感じました。 さて、次回は2日目のレポートです☆ <一枚目の写真:フヴァルの名産品・ラベンダーを使ったポプリや香水などはお土産にピッタリ♪> Fri, 25 Dec 2015 00:00:00 +0900 ヨットチャーターでクロアチア旅行!旅行記その3 http:///blog/item/9132.html http:///blog/item/9132.html 【1日目: スプリット→フヴァル島 フヴァル観光 <フヴァルにてヨット泊>】 出発! 海からスプリットの街並みを一望すると、本当に美しいですね。 ゴツゴツした岩肌が男性的な印象を与える山、貴婦人を思わせる優美な街並み、そして、どこまでも青く広がるアドリア海。 少し離れたところには、水上飛行機が! アドリア海で水上飛行機ときたら、思い浮かべるのは『紅の豚』。なんだかロマンを感じてしまいました。 クロアチアは海のアクティビティが充実しています。 別のヨットとすれ違いました! この日(この時間帯)は風が弱かったため、私たちも機帆走でフヴァルへと向かいます。 ★ミニ用語解説★ 機走・・・エンジンを使って航走すること 帆走・・・帆を張って風の力で航走すること 機帆走・・・エンジン+風の力ぜ航走すること アドリア海は内海なので、波が穏やかで、揺れもあまり感じません。 ヨット旅行には絶好のコンディションです。 別のヨットともすれ違いました。 よく見ると、彼ら上半身裸です・・・!10月末だというのにまさか海に入るのでしょうか!? いや、きっと日光浴を楽しんでいるのでしょう。太陽になかなかお目にかかれない北方の国から旅行に来ているのかもしれません。 夏だとこういった光景があちこちで見られますので、ある意味正しいヨット旅行の楽しみ方ともいえますね(笑) 綺麗な島を見つけたら、ちょっと立ち寄って、海にダイブ!遊び疲れたらヨットに戻って次の島へ・・・ なんて楽しみ方もできるのがヨットチャーターの魅力です☆ ホテルと一緒に移動しているようなものですから、かなり自由度が高く、個々人に合った楽しみ方ができます。 そろそろお腹が空いてきたなあと思ったら、完璧なタイミングで軽食が運ばれてきました。 ダルマチア産のチーズとハムです!とっても美味しい~!! 旅行では、その地方の特産品を食べるのも楽しみの一つですよね。 クロアチアを全身で感じています! ★豆知識★ ダルマチア地方とは、クロアチア南部、アドリア海沿岸部の地域を指します。 スプリットやフヴァル、ドゥブロヴニクなどが含まれます。 映画『101匹わんちゃん』に出てくる犬種ダルメシアンは、ダルマチア地方が原産地といわれています。 スキッパー、ホステスの方と一緒に食事を楽しんでいるうちに、フヴァル島が見えてきました。 スプリットからフヴァルまではヨットで約2時間。あっという間の到着でした。 さて、次回はフヴァル島観光についてです♪ Thu, 03 Dec 2015 00:00:00 +0900 ヨットチャーターでクロアチア旅行!旅行記その2 http:///blog/item/9127.html http:///blog/item/9127.html 【1日目: スプリット→フヴァル島 フヴァル観光 <フヴァルにてヨット泊>】 午前、スプリットの港に集合。 照りつける太陽、真っ青な空と海。マリーナには白いヨットが所狭しと並んでいます。(一つ前のブログの写真を参照) この光景だけで既に(内心)大興奮でしたが、これは仕事なのだ・・・!と心を落ち着かせ、今回担当してくださるスキッパー&ホステスの方を探します。 スプリットのマリーナはとても大きく、子供向けの小さなヨット(オプティミストなど)から、大型の豪華ヨットまで、あらゆる種類のヨットが見られましたよ。 無事スキッパー&ホステスの方と合流。明るく気さくなお二人です。 男性がスキッパー(ヨットの操縦担当)、女性がホステス(料理などサービス担当)です。 早速ヨットに乗り込み、最初の目的地フヴァルに向けて出発!! ・・・の前に、船内をご紹介♪ 55ftのヨットだったので、中も広々としていて圧迫感は全く感じません。 朝食はここでいただきました。 海風で体が冷えたら、ここでゆったり読書などを楽しむこともできます。 結構本格的なキッチンが付いていました。(※船によって設備は異なります) コンロもオーブンも冷蔵庫もあるので、セーリング中も美味しい食事を楽しめます。 キャビンその1。キャビンは基本的にはダブルベッドです。 キャビンその2。横の窓からは外の景色をご覧いただけます。海面が近い! ヨットの中は外側から見て想像するよりもずっと広く、快適に過ごせました♪ さて、次回旅行記では、(ようやく!?)スプリットを発ち、フヴァルへ向かいます! Mon, 30 Nov 2015 00:00:00 +0900 ヨットチャーターでクロアチア旅行!旅行記その1 http:///blog/item/9112.html http:///blog/item/9112.html 10月末から11月にかけて、クロアチアでヨットチャーターの旅(視察)に行ってきました。 今回は2泊3日のミニクルーズでしたので、スプリット→フヴァル島→ブラチ島→スプリットというコースで、近場をゆったりと巡りました。 【旅程】 1日目: スプリット→フヴァル島 フヴァル観光 <フヴァルにてヨット泊> 2日目: フヴァル島→ブラチ島 ミルナ観光 <ミルナにてヨット泊> 3日目: ブラチ島→スプリット 【ヨット概要】 モデル: Jeanneau Sun Odyssey 54DS 年式: 2006年 全長: 16.75m (55ft) 全幅: 4.87m キャビン: 3 (ダブルベッド) トイレ/シャワー: 3 【天気】 3日間にわたり快晴 この時期なので、海上は寒いから…と厚着して行ったのですが、スプリットも含めて今回訪れた島や町は10月末とは思えないほど暖かく、服装の調整に苦労しました。 クロアチア沿岸部は温暖な地中海性気候で知られていて、昼間は暖かいのですが、夜間は夏でも少し肌寒くなります。 重ね着のしやすい服装が便利ですね♪ 秋だからといって、うっかりモコモコのブーツなど履いて行ってはいけませんよ・・・! さて、次回からいよいよクルーズ旅行記本編に入ります。 Wed, 25 Nov 2015 00:00:00 +0900 ザダルの旧市街で、焼き栗を味わう http:///blog/item/9102.html http:///blog/item/9102.html 沿岸部と内陸部で気候が異なるクロアチア。 ドブロヴニクなどの沿岸部は冬でも比較的過ごしやすいですが、ザグレブなどの内陸部は冬は寒さが厳しくなります。 そんな寒~い冬には、温かい焼き栗の出番です! 焼き栗の屋台にて、熱々の焼き栗が一袋10クーナ(約170円)~。 クロアチアの秋~冬の風物詩のご紹介でした♪ 観光の途中に一袋いかがですか? (2015年10月、ザダル旧市街にて) Tue, 24 Nov 2015 00:00:00 +0900 海が奏でるやすらぎの音色 海のオルガン in ザダル http:///blog/item/9106.html http:///blog/item/9106.html 海に突き出したザダル旧市街の先端付近にあり、人々の憩いの場所となっている、シーオルガン(海のオルガン)。 近くまで来れば、ここがシーオルガンだとすぐに分かります。 なんともいえない不思議な音色が聞こえてくるので・・・♪ この階段の下には35本のパイプがあり、波の力で押し出された空気が優しい音色を奏でます。 釣りを楽しんでいる人や、写真撮影に夢中の人、過ごし方は様々です。 自然が奏でる不思議な音色を聴きながら、しばらくぼーっとしていると、今日も(明日も)一日頑張ろうと思えるものです。 ザダルのシーオルガンは、2015年クロアチア観光ランキングTOP10にも選ばれました。 Mon, 23 Nov 2015 00:00:00 +0900